マクロスf1 スロット

マクロスf1 スロット

 エクドイクには意思疎通が取れそうな魔物の捕獲は控えてもらった

 今回知るべきなのはそちら側の魔物ではないからだ

「しかしこんなことをして意味はあるのかの?」「それを今から調べる

よし、牢を開けるぞ」 オークのいる牢を開け中に入ると縛られていたオークはさらに暴れ出す

 ラクラに頼みオークの目前に結界を張ってもらい、ガラス板一枚の先に居るかのような状態にしさらに距離をつめる

あなたも好きかも:パチンコ 抽選 良番 何打つ
 コレだけ近づくのだ、オークは首だけでも動かし結界の上から攻撃をしてくる

あなたも好きかも:激アツ スロット
 無論イリアスの剣さえ凌げる結界だ、オークが万全だろうとこれは突破できない

あなたも好きかも:パチンコ 依存 症 治療 方法
 だがその迫力はヒシヒシと伝わって来る、動物園で見る肉食動物とは比較にならない程の恐ろしさだ

 動物園の生き物はそこまで敵意むき出しと言うわけでもないからな

「活きが良いもんだ、まあ見せてもらうか」 結界に額をつけてジッとオークを見つめる、向こうは暴れることを止めようとしない

 こちらの動作に不信感を覚える程の知性がないのだ、それほどまでに本能的な生き物と言うことでもある

 オークの上位種ともなれば独自の言語を使えるらしいのだが今回捕まえてもらった魔物はどれも下位種だ

「……よしよし、良い子だ

いや良くはないな」 オークの眼を覗き込み、唸り声を聞き、その挙動を肌で感じる