ボーナス パチスロ

ボーナス パチスロ

 確かにそう言われれば、何かアクションを起こしたくはなる

 相手に、どんな意図があったかどうかはともかくとして

あなたも好きかも:パチンコ 儲け方
「どういったご用件でしょうか」 耳元の髪をかき上げながら洗われる矢加部さん

 ご用件はございませんと言いたいが、それは私の話

 モトちゃんは柔らかく微笑み、静かに切り出した

「最近、北川さんと矢田君って何か話をした?職員がいるような場所で」「先日、何かの会合で言い合っていたのは知っています

あなたも好きかも:パチンコ open
後輩がどうとかと」「なるほど」 同時に頷く私達

 会話の内容ははっきりしないが、ケイの推測を裏付けるような証言

 台詞はともかく、似たような会話がされたんだろう

 矢加部さんは何がという顔で、モトちゃんへ強い視線を向ける

「ああ、ごめん

急に後輩達が張り切りだしたから、どうしたのかなと思って」「そういえば自警局は人材こそ揃っているけれど、教育がどうとは言ってました」 今度は視線がケイへと向けられ、彼が鼻で笑う

 どうも、矢田君の事を何か言いたいらしい

「何か、仰りたい事でも」「矢田君も意外に熱いと思っただけだよ

それって矢田君からの挑発?」「そこまでの意図は無いと思いますが、現状として自警局の存在がかなり大きいですからね

実際人材も揃ってますし

……1、2年に関しては」 何故か私を見ながら話す矢加部さん

 相当失礼だな、この人