パチンコ 春 一 番 甘 デジ

パチンコ 春 一 番 甘 デジ

 せっかくの休日、寝なおすことにした

 ------------------------------------「ふあぁ……流石に眠いな」 朝日の昇ったばかりの街の中をエクドイクタクシーで移動する

 早朝だからこそ空を鎖の翼で飛ぶ鳥人間は目立たない

あなたも好きかも:パチンコ バンブー 町田
 それでもそのうち目撃証言くらいは出てくるだろうがこれ以上の早起きは辛いので許して欲しい

「同胞の体力を考えれば睡眠時間が短い上にこの早朝だ、無理もない」「今日のスケジュールは割とギッシリでな

あなたも好きかも:パチンコ スパロボ 攻略
早く終わらせられる箇所はささっと済ませたい」 最初に向かったのは『犬の骨』、ゴッズの店である

 到着したタイミングで丁度ゴッズが店から出て来た

あなたも好きかも:スクラッチ 当て たい
「お、兄ちゃんじゃねぇか

来る前に外を掃いちまおうと思ったんだが、随分と早起きじゃねぇか」「ゴッズも大概早起きだろう」「ドミトルコフコン夫人に叩き起こされるのと自分で起きるのとじゃ一日の心の安寧が違うんでな」 すっかりと鍛え抜かれておられますね

 顔つきも最初のころに比べると騎士に負けない凛々しさを感じている

 騎士団でもトップクラスの実力派であるラグドー隊の奥さん方に精神的に鍛え抜かれたならこうなってもおかしくないよな

「そっちの鎖の兄ちゃんは店でたまに見るが……」「お、そういえば紹介してなかったな

護衛のエクドイクだ」「エクドイクだ、お前の食事には世話になっている」 「嬉しいこと言ってくれるじゃねぇか

見た感じ冒険者といった風貌だな、兄ちゃんも顔が広いもんだ」「それを言うならお前もそうだろう」「違わねぇ、まあよろしくな」 早速店内に入り、ゴッズに持ってきた食材を渡す

 魔法研究の一環で作った装置から作り出したバター、バンさんから仕入れたクアマやメジスといった遠方の香辛料だ

「ふむふむ、こいつがそうか

少し味見をさせてくれ……なるほどこれはこんな味で……こりゃ凄いな」「香辛料に関して気に入った品種があればそれを多めに仕入れて貰えるようにバンさんに伝えておく