スロット シンフォギア 評価

スロット シンフォギア 評価

 話が話なので、あまり彼には聞かれたくなかったから

「それで、この前の事調べてくれた?」「司」「はい、これ」 DDを卓上端末のスロットへ差し入れる柳君

 すぐに表示される、彼の履歴とプロフィール

  つまりは、傭兵としての活動

「それ程目立った事はしてないし、悪い事もしていない」「ここに載ってない事とかも、当然ある訳でしょ」「物事には限界があって、誰もが4年も5年も前の話を覚えてはいない

少なくとも直近の情報では、特に問題は無い」「だったらいいけど」 腕を組み、画面に映る文字を睨む

 何もなければ、確かにそれでいい

 しかし胸の奥にある不安は拭えない

 どうして彼が来たのか

あなたも好きかも:スロット 鉄拳 天井
 わざわざ、この時期に

 疑いたくはない

  でも、疑いたくなってしまう状況