愛知 吹上 パチンコ

愛知 吹上 パチンコ

貴族も私兵を出しているわけであまりに状況が悪い、分が悪いと感じると撤退し派閥から離脱、ということもある

あなたも好きかも:パチンコ キョーイチ 京都
まああまり蝙蝠になるとそれはそれで扱いが悪いため、最後まで忠義で抗戦するか、あるいは派閥から出て中立に離脱する、そういう形であることが多い

どちらも最終的な損はあるが、その損の形が違うということになる

 ちなみにこの継承権争いは多くの場合継承権持ちの男性皇族がトップになることが多い

別に女性皇族がトップになっていけないというわけではないのだが、なんだかんだでこの世界はどちらかというと男性側が優位の社会であり、皇族に関しても継承権は男性のほうが優位になる仕組みであるためそういうことが多い

あなたも好きかも:パチンコ の 辞め 方
歴史上女性皇族がトップに立ったり、継承権持ちの女性皇族同士の争いが行われたり、女皇王が生まれることもあったらしいが、今回は男性の継承権持ちの皇族、第二皇子と第一皇子の争いとなっている

他の継承権持ちはそれぞれでどちらかの皇子についてそちらの味方いう形になっている

貴族の派閥と同じでどちらが勝つかでその扱いが決まることとなっている

「なるほど……」「人間って面倒なのね

戦って決めるっていうのはわかりやすくはあるけど」「わかりやすくはあるが、色々と困るというか面倒くさいというか……もう少し穏便な手段はなかったのか?」「皇国の歴史上ずっとこのやり方で皇王を決めていたそうですから……」「伝統ってやつだな」 なんだかんだで歴史の重みというのはそれなりにある

あなたも好きかも:ライズ スロットとは
決して伝統が悪いというわけではないが、場合によっては少しやり方を変えるなりするべきであるだろう

まあ現在の形で皇国が回っているのであればそれは悪いというわけではないのだろう

問題がないとは言わないが、いきなり今までのやり方を急激に帰るというのも難しい

それができるような機会も時にはあるのだろうが、今回はそうでもないだろう

歴史の転換点でもなければそう大きな変化を期待できるようなことは少ない

「しかし、アリルフィーラはどちらにつくつもりだ?」「…………それは」 今回アリルフィーラは皇族同士の争いを止めるつもりである

どちらかの味方をしてどちらかを勝利に導くというつもりではなく、無駄に争いをしてほしくないという理由で止めに入る