蒼天 パチスロ

蒼天 パチスロ

心から応援してるよ」 報酬を手渡したあと、僕たちは別れを告げる

 アル君たちはこの臨時収入で買い物をするため、これからフーズヤーズのほうへ行くらしい

僕たちのほうは、このままヴァルトへ行く

「童(わらわ)も、そなたらに幸あらんことを祈っておるぞー」 ティティーも笑顔で見送る

 僕とティティーは心からの魔力をこめて、二人に「何か加護あれ」と祈った

あなたも好きかも:シャア パチンコ 評価
「は、はい、ありがとうございます

あなたも好きかも:動画 パチンコ海物語
それでは……」「失礼します

お兄様、お姉様……」 二人は何か呪いを受けたかのように少し肩を震わせたあと、去っていく

 その見送りは姿が見えなくなるまで続き、ついでに見えなくなったあとも二人の会話を拾う

「――それじゃあ、エミリー

フーズヤーズまで急ごう

まだやるべきことは一杯ある」「うん

けど、あの先輩さんたちのおかげで、装備の新調までの計画が十日は縮まったよ? そんなに急がなくても……」「これは俺たちの努力で縮まった時間じゃない

運がよかっただけだ

勘違いすると、あとで苦労するのは俺たちだぞ」「そ、そうだね

ちょっと油断しちゃったかも」「ここで二人で成り上がるって決めたんだ

その日が来るまで、気を抜かないでいこうぜ」「うん

わかった……――」 う、初々しい……