スロット ストック と は

スロット ストック と は

 正面からぶつけたとしても、今以上の被害が確実に出せたのだ

ならばなぜそうしなかったのか

その理由を理解しないことには、相手の采配を完全に読むことなどできないだろう

 そのための思考を繰り返していた

答えはいくつかに絞れたが、未だに確信には至れない

あなたも好きかも:スロット 銀座 府中
憶測で進む先の見えない不確かな道、それに全てを委ねることを考えるととても十全を尽くしたとはいえない

「わかりました

それではお茶の準備をしてまいります」「いやいや、睡眠を取るんだよと言っただろう?疲れが残っているのは見ればわかる」「はい、疲れています」「だったら――」「夫となるお方の人生最大の山場、そのお姿を見過ごして良い理由なんて存在しません」 思わずポカンとしてしまった

いつも言い寄っても困った顔ばかりだったルコの口から、よもやそんな言葉が出るとは夢にも思わなかった

あなたも好きかも:ブラックジャック 教会
 その言葉の意味を理解し、思わずにやけてしまう

そんな俺の顔を見てか、ルコの顔は瞬く間に紅く染まっていく

「な、なにかおかしなことを言いましたでしょうか?」「いやなに、許せ

お前の新たな魅力に気づき、惚れ直しただけだ」「――もう」「では俺から頼もう

最後のもうひと踏ん張りだ

気合を入れるためにも旨い茶を頼む」「……はい、かしこまりました」 ルコは恥ずかしさを隠そうとしてか、足早にその場を去っていった