ストライク ザ ブラッド パチンコ

ストライク ザ ブラッド パチンコ

数ある世界から選りすぐりの者を選び、この世界ではタガネが選出された

 ベルソートの魔法による魂の転生によってタガネは女神の手の外へと逃れてしまった

その上、生前に異世界との道はタガネによって封じられたのだ

 女神は干渉が困難な状況にある

 創世から始まる膨大な鬱積

あなたも好きかも:シャドウハーツ スロット 設置店
「まずいのぅ」「もう女神は何もしないのでは」「つい先日、大陸北部に奇妙な魔力反応が現れたんじゃ」「魔獣ですか」「ワシの経験則からすると、異界の連中に似とるわぃ」「…………剣聖もいない時代に」「いる」「……………ですが、彼女は」「まだ未熟じゃ」 ベルソートは目を閉じる

あなたも好きかも:ロードオブヴァーミリオン スロット フリーズ確率
 タガネの遺体

あなたも好きかも:淡路町 スロット
 そこから立ち去ろうとする魂を、レインの目を盗んで入手するのは至難だった

この難関を突破して魂を転生の魔法にかけ、九世紀を要してようやく現れた

 その成長速度は目覚しいものがある

 だが、まだ足りない

 タガネの代替になるには未熟に過ぎる

 ベルソートの能力は、タガネの斬撃によって魔力の出力が半減してしまっている

 現状で異界からの襲撃を退ける戦力が不足していた

「困ったのぅ」

異世界生活百三十三日目 場所ジュドヴァ=ノーヴェ魔族王国、魔王領エーイーリー 〝移動門(ゲート)〟を開いて魔王領エーイーリーに戻る

ちなみに、大量の水は結界が崩壊する前に全部蒸発させました……うん、飽和水蒸気量無視してた気がするけど【風掌握】と【水掌握】を持ってすれば、そんな物理法則はどうとでもなるのです……怖えな、異世界!!「よっ、この様子だと全員無事に避難できたみたいだな」 転送先に居たのはジューリアと鶫だけだった

逃げ遅れた人がいてあたふたしている様子もないし、大丈夫そうだな

「ああ、確認したところ全員避難できているようだ