パチスロ チャンス目

パチスロ チャンス目

それ故に回避行動は間に合わず、代わりにアークリアルの動きをこの目に焼き付けることとなった

アークリアルは私の剣を見てから回避していたわけではなかった

最初から剣の軌跡に存在しないような位置へと滑り込んでおり、そしてその体捌きのついでと言わんばかりに剣を振るっていたのだ

「かっ、ふ」 剣の幅が増加したことでアークリアルとの距離が離れていたのか、アークリアルの一撃は私の体を両断していなかった

あなたも好きかも:パチンコ 平均年収
しかし先程よりも遥かに深い

右腕は切断され、胴体も皮一枚で繋がっている程度

当然そんな負傷で剣を振った勢いを殺せるはずもなく、地面へと倒れ込む

「面白い技だったな

結界を刃にして間合いをずらしてきたのか」「馬鹿な……剣を……振るうまで……読まれては……」「ああ、驚いたさ

斬った後にようやく仕組みが分かったしな」 その言葉が本当ならば、奴はこちらの手の内を理解していないまま、回避すべき位置に回避を行い、攻撃すべき位置に剣を振るっていたということになる

 ユグラの星の民がクアマで出会った落とし子の話が脳裏に浮かぶ

その落とし子は自分ですら反応できない脅威を、その異質な生存本能で感知して避けることができると言う

 ならばアークリアルもそれに倣い、本能で最善の反撃手段を取ることができるということなのか

そんなことがありえるのだろうか

 深手のあまり意識が飛ぼうとしている

できる限りの延命の治癒魔法は使用しているが、とても一人でどうにかできる状態ではない

「ヨ、ヨクス様!」「来る……な……」「いや来いよ