ダブルココモ法

ダブルココモ法

もう二度と……大切な半身を傷付けなくて済む方法を……っ

しばらくするとミラは穏やかな顔で眠りについた

睡眠不足に泣き疲れ、それにそもそももういい時間だ

あなたも好きかも:メトロ スロット館
すうすうという寝息と共に上下する背中を撫でていると、控えめな音で部屋のドアが叩かれた

「こんばんは、ミラちゃんの様子はどうかな?」「マーリンさん

ええ、この通りぐっすりですよ」 それは良かった

と、微笑んで彼女は手近な椅子に腰掛ける

お話をしようって言っていたっけ、そういえば

はて……それは相談事(おはなし)? それとも雑談(おはなし)? どっちにせよちょっとまだ僕は寝付けそうにないし、ちょうどいいと言えばちょうどいいのかも

「さてさて、君が眠っている間……というよりも今日の昼間に僕が一人で調べて回った結果を共有しておこうと思ってね

別に大した話はないし、すぐに終わるから気楽に構えてくれたまえ」「昼間に……もしかしてさっき何か調べ物してたのは、その関係だったんですか?」 そうだね

あなたも好きかも:パチスロ ゴッド イーター アラガミ バージョン
と、ため息混じりにつぶやくと、マーリンさんはフラっと立ち上がって僕の側に腰掛けた

そしてミラの頭をぽんぽんと撫で、少しだけ暗い表情で話し始める

「……結論から言うと、僕の予測の範囲ではあるものの魔人の集いの狙いがわかった

国家転覆なんて大仰な事は言わないけど、これが僕や他の貴族、政治家

果ては王様にまで伸びる反逆の刃である事はほとんど間違い無いだろう」「反逆……前にちょっと言ってた通りだったんですね」 そうだね

と、今度は大きなため息と共に吐き出した

頭を抱えて悩む姿に、やはり下手なことを今打ち明けないほうがいいと再認識する