ショウバイロック パチンコ セグ

ショウバイロック パチンコ セグ

それと同時か、ほんの数秒遅れてか、コンコンッとノックが鳴り、ドアが開くと反町が困惑げに室内に入ってきた

「すごい雨だな

あなたも好きかも:パチンコ オータ狭山
台風でも来てンのコレ?」 挨拶もなくドアを閉めた彼はすでに全身濡れている

あなたも好きかも:スロット マルカ 換金率
傘が役に立たないほどの大雨と強風なのだろう

あなたも好きかも:ラグナロク パチスロ
ほんの数分で、更に天気が悪化しているようだ

 勝則は新しいタオルを用意して反町に近寄り苦笑気味に差し出した

「お疲れ様です先輩

こんな雨でも教習ってあるんですか?」「うん、あったよ

こんな天気は滅多にないから、ある意味、貴重な教習だった

ワイパーも役立たずだし」 「ありがとう」と笑顔でタオルを受け取って濡れた体を拭きながら話しをするが、目は室内を見回している

「……優樹は?」 ――ほら

すぐこれだ

 「また始まった」と、洋一は心の中でため息を吐きつつ肩をすくめた

「只今お仕事中でぇーす」 華音並みに言葉を間延びさせて答えると、反町は怪訝に眉を寄せた

「こんな雨が降ってるのに?」「あいつだけが濡れるわけじゃねぇだろ」 特別扱いを見せる彼にまだ乾いていない袖を見せ付けようと立花が腕を上げるが、反町は「その他はどうでもいい」と素っ気なく首を振って無視をし、苦笑する洋一に首を傾げた

「どこ? 誰とどこに行った?」「一平と相川と華音と

イベントホールの舞台裏にある、支度部屋の掃除だ」「なんでそのメンバー? あり得ないメンバーなんだけど? 何かあったらどうすんだ?」 どのような意味で「あり得ない」のかはわからないが、不愉快げに目を据わらせる反町に生美はため息を吐いた

「最初は優樹と華音だけで行ってたんだけど、手が足りないってメールが来たの

ちょうどその時仕事が終わった一平と相川がヘルプに向かって合流したってコト」 説明を受けて反町しばらくじっとしていたが、次第に目を細め、「……あ、なんかムカついてきた」と根暗さを露わに呟きタオルをテーブルに置いた