天空魔城 三階 スロット

天空魔城 三階 スロット

そろそろクソ師匠に挑んでくらあ」「うえ、んなことしてんの、少止さん」「んー? おー、そりゃま、俺は弟子だからな

そうでなくとも」 挑まずにどうすると言って立ち上がった少止は、顔を歪めるように笑う

どこか楽しそうに

「挑まずに猿山で気取ってるだけなら、壁に向かって話してるのと同じだ

俺は御免だな――そんなことじゃ、妹に笑われるくだらねえ兄貴になっちまう」 話し過ぎたと、背中を向けた少止の気配はもう変わっていて、思わず目を細めてしまうほど薄く、どこか薄幸とも呼べるような気配だった

 凄まじい速度での変わり身だ

「義父さんの弟子、か……ピンとはこないけど」「それはまた、どうして?」「うん

義父さんって、誰かに何かを教えて育てることよりも、まだ自分が成長することで手一杯――みたいな感じがあったから」「それは……初耳だね」 隣を見ると、面白そうに笑みを浮かべている花楓がいて、話しにくいなと思って対面にまで迂回する

あなたも好きかも:パチスロ 素材
「生活していて?」「そう

あなたも好きかも:攻殻機動隊2 スロット 設定示唆
当たり前のことかもしれないけど、なんだか未熟をずっと抱いているような……高みよりもむしろ、誰かの背中を追いかけているような感じがしてさ

あ、これあくまでも感じね?」「……これは、本当に興味本位なんだけれど」「うん?」「今の円さんに、私はどう見えますか」「それはつまり、感じってことでいい?」「そうだね、構わないよ」 どうなのだろうか

 以前に見えていた印象で言えば、年齢の割に落ち着いている――だ

確か二十歳くらいで、年上なのはなごみに聞いた