スロット 目押し 滑り

スロット 目押し 滑り

元々感謝の念しか持っておらんぞ?」 シュレインにしてみれば、なぜ突然考助がそんなことを言いだしたのかが分からない

あなたも好きかも:ドラゴン・キング・レジェンド・オブ・ザ・シーズ
「ああ、いや、そうじゃなくて

コウヒとかミツキとか、色々思う所はあるんじゃないかと思ってね」「そういう事か

あなたも好きかも:大工のげんさん パチンコ リールロック
それはちと考えすぎだの

そもそも吾らはある程度、コウヒ殿やミツキ殿の強さは理解しておる

納得する者は居っても、恐れる者はいないの」「そうなの?」「ああ、恐れないというのとは、少し違うか

あなたも好きかも:スロット かぜの用心棒
吾等はそもそも強者に対して、畏敬の念を持つからの

むやみやたらに避けるようなことはしないな」 強いからと言って、むやみに遠ざけたり嫌悪したり否定するわけではなく、強さを認めたうえで対応をする

 ヴァミリニア一族は古来よりそうして生きてきたのだ

 今更、コウヒやミツキが目の前に現れたからと言って、何かが変わるわけではなかった

 ましてや、その二人が常に傍にいる考助に対しても、馬鹿な真似をする者はいないだろう

 勿論、集団になれば、馬鹿なことを考える者が出てくるのは人でも吸血一族でも同じなのだが

「吾等の中では、馬鹿なことをしたものだ、という話で終わっていたな」「それはまた、ずいぶんとあっさりしたもんだね」 思わず考助は苦笑した

「吾らには、触らぬ神に祟りなし、という言葉があるからの」 ヒューマンにも同じ言葉はあるが、今回のように馬鹿なことをやらかす者は出てくる

 その差は一体なんだろうな、と考助は考えるのだが、結局分からないのであった

この話で、愚か者話は終わりです

結局、塔にとって一番いい結果になったのではないでしょうか?これを機に、どんどんアマミヤの塔の影響力が広がっていくことになります

第十七章の本編はこれで終わりです