千葉ニュータウン中央 パチンコ アルバイト

千葉ニュータウン中央 パチンコ アルバイト

「まあ……恥ずかしかったのもありますし……もったいない気も……してるん、ですけど……」 言っている内に、カナンの耳の先が見る見る赤くなっていく

何事もそつなくこなし、はじめての体験でも即座に要領を得てしまう彼女だが、このくすぐられるような感覚だけはまだまだ克服出来ていなかった

あなたも好きかも:スロット ニンジャガイデン コイン持ち
 そんな風にもじもじしているカナンを見ていると、トビアも先程の気恥ずかしさが蘇ってくる

「僕が気を利かせられたら良かったんですけど……」 そうしたら、二人はどこまで進んだのだろう? ふとそんなことを思った

「そんなこと……いいんですよ

今は同じ気持ちだって分かってるから、だいじょうぶ」 やはり照れくさそうな笑顔でカナンは言った

そして、トビアは自分でも意識しないうちに「うらやましいな」と呟いていた

 言ってから、ハッと気が付き我に帰る

あなたも好きかも:横須賀 パチンコ
どうしてこんな言葉が出てしまったのか、自分でもある程度分かっていた

 耳聡いカナンにも聞こえていた

「何が」うらやましいのかということも察していたし、その背後にある関係性も理解している

あなたも好きかも:オリオン通り パチンコ
 だが、その言葉尻を捉えようとはしなかった

「……イスラは、はっきりと物を言ってくれる人だから、分かりやすいんです

それに約束だってちゃんと守ってくれる

 でも、世の中には口を開いてくれない人も大勢います