地獄少女 スロット 終了画面

地獄少女 スロット 終了画面

では、ライさんたちを案内しますので」 小さな龍の兵士は翼を広げ、空中に浮きながらライ、レイ、エマ、フォンセ、リヤン、ニュンフェの六人へ告げた

 ニュンフェはそれに返し、それを後に龍の兵士は飛んで何処かへ向かう

「此処が幻獣の国支配者……"神獣"の居る部屋か……魔族の国の支配者に比べると多少威圧は少ないな……」 龍の兵士が飛び去った後、ライは一際豪華な扉の前に立って思考しながら呟く

 この扉の向こうに幻獣の国支配者にして"神獣"と謳われる者が居るので、身を引き締める為にも思考を声に出したのだ

 魔族の国で出会ったシヴァのように、寄り付く者全てを消し去るような威圧は無く、何処か神々しい、"王"という感覚が娘の空間に漂っていた

あなたも好きかも:オンラインゲーム 2011
「魔族の国の支配者……? その言い方……貴方たちはシヴァ様に出会ったのですか?」「……え? あ……」 そしてニュンフェはライが言い放った言葉に違和感を覚え、その事についてライへ尋ねる

あなたも好きかも:モータ スロット
 支配者とは、普通ならそうそう出会える存在ではない神のようなモノ

 そんな支配者と出会った事があるような口振りだった事に違和感を覚えたのだろう

あなたも好きかも:闇 カジノ 桃田
「まあ、ちょっと関わりがあってな……その証明を踏まえてニュンフェたちの支配者に敵じゃないって認めさせてみせるさ」「……その心強い御言葉、信じましょう」 ライは支配者と出会った事があると正直に言い、それについて幻獣の国(この国)の支配者へ説明すると告げた

 ニュンフェはそれを信じ、ライは今支配者が居るという扉を開く

***** ──"支配者の住む大樹"・支配者の部屋

『────様

ニュンフェ様と外部の者をお連れしました』 そして、先程飛び立った筈の龍兵士が扉の前におり、支配者へ体勢を低くしてライたちの存在を明かした

 恐らくこの龍の兵士は別個体なのだろう

伝令兵は数匹おり、その中で順番を決めて各々(おのおの)の行動をしている

という事だろうか