バイオハザード スロット 6

バイオハザード スロット 6

そう考えた英霊ジークの集中力が一瞬途切れ、その剣にとどめていた力が……表現するならば、スッポ抜けた感覚があった

あなたも好きかも:ポケモン初代 スロット 目押し
「あ」「え?」「は?」「おや?」『ちょっ!?』 同時に英霊ジークの剣先から強大な力の刃が放出される

それは目の前に真っ白な壁ができたかのような凄まじい何かだった

あなたも好きかも:化物語2 スロット 実機
それが英霊ジークの目の前にある岩場へと走り抜け、大地を抉り破壊した

  **********「汝はバカか

あれほど集中力がいるものだと達良が言っていただろうが

今の汝は、そう……直樹だ

まるで直樹の顔をしていたぞ

汝は最悪に気持ち悪い奴だった」「おおお、ごめんなさい

直樹は、直樹はやだよぉおお!!」 すべてが終わった後、自分の分身に土下座をしている風音がいた

英霊ジークの直樹呼ばわりが、つまりは事実としてそうなのだろうと理解し風音の心を強く抉っていた

平坦なる大地が張り裂けそうであった