モンハンワールド スロット 設定示唆

モンハンワールド スロット 設定示唆

「……異世界の人間か」 そして、皇帝は呟いた

小さく、小さく、とても小さな声で

あなたも好きかも:龍虎の拳 パチスロ
 噛みしめるように

――帝国は狂っている

 ――暴走し、増長し、帝国の秘術により存在感を増すナセルディオによって

あなたも好きかも:カジノ 裏
 ――帝国の貴女は恋をする

 ――他者を物言う駒としてしか見ないナセルディオに

 ――過去から未来、全てを網羅する預言書によって祝福されるナセルディオは、帝国の主にならんとしている

 ――やがて、皆で、まとまり、狂い踊るしかないだろう

「どうかなされましたか?」「いや

以前、皮肉屋の叔母上が詠った言葉を思い出しただけだ

すまない、皆の話を聞きそびれていた」 まるで急に声をかけられたかのように、第一皇子クシュハヤートは苦笑する

「ムジターン

もう1度報告を」 その言葉を受けて、クシュハヤートの後に控えていた彼の腹心ジャファニカがテーブルに着いた面々に報告を促した

 ここは、第一皇子クシュハヤートの宮殿にある一室

 昨日の出来事に関する各種報告を行う会議の場だった

 高い日差しが降り注ぐ室内に、クシュハヤートの配下が集う

 出来事