島唄 スロット 6号機

島唄 スロット 6号機

冬を目前に控えているとは思えないくらいの暖かさがある

 ついいましがた、なにかが王都や獅子王宮を攻撃したようだった

それによって王宮そのものが破壊され、玉座の間の天井から上が吹き飛んでしまっていた

幸いにも上階そのものが吹き飛ばされたらしく、瓦礫が落ちてくることはなかった

あなたも好きかも:パチスロ ひぐらし の なく 頃 に 粋
巻き込まれて死んだものもいまい

王宮に住んでいた貴族や働いていたものたちのほとんどは地下に逃れているし、残っているものも一階にいるはずだ

「陛下!」「御無事ですか!」 と、アルガザードや側近たちが一斉に玉座に駆け寄ってきたのも、彼に可笑しみを誘った

「騒がずともよい

あなたも好きかも:パチンコ ポケモンショック
死ぬときは死ぬのだ」 レオンガンドは、死を見据え、どこか心が軽くなった気がしていた

夢は、終わった

終りを迎えた

この上なくあっさりと、終わってしまった

夢を失ったものは、夢を失い、生きる力を失ったものは、これほどまでに虚しい存在になり得るのかと驚いている

ただ、その驚きにはあざやかさはなく、心は微動だにしなかった

 とっくに、沈み込んでいるからだろう

もはや浮上することはあるまい

あるとすれば三大勢力を撃退し、セツナが勝利の報告を持ち帰ってきたときだが、そんなことはありえない