爆サイ 宮城 パチスロ

爆サイ 宮城 パチスロ

その度に優樹が「っ……、っ……」と怯えて肩を震わせ顔を逸らす様子に、対面から見ていた相川が「もうやめろ!」と眉をつり上げて身を乗り出した

「先輩が怖がってるだろ! 危ないからやめろよ!」「アホか

こんなんでビビっとったらノコギリで切られへんぞ」 ――優樹の顔からサッと血の気が引いた

「ノコギリで切る」イコール「手首を切り落とす」と想像したのだろう

あなたも好きかも:パチンコ 屋 bgm
 べそを掻いて口をへの字に曲げる優樹を放って、生美は対面側から怪訝に伏見へ首を傾げた

「あんたも優樹と同じように手紙で呼ばれたんでしょ? 優樹は……まあ、この部活をやってるからとして、あんたは何か心当たりはないの?」「あるわけないだろ

おまえらと違ってオレは人の恨みを買うようなマネはしない」 無愛想にツンとそっぽ向く

 先程から全く笑顔もない彼に印象も最悪だ

あなたも好きかも:オンラインかじの
充分誰かの恨みを買いそうなヤツだ、と思えてくる

あなたも好きかも:サクサク オンラインゲーム
 洋一は生美の隣から怪訝に腕を組んだ

「その手品師、全然見覚えはないのか?」 顎をしゃくられた優樹は「……うん」と悲しげに俯いた

「知らない人だった……

名前も、何も」「困ったもんだな」 手掛かりが何もなく行き詰まってため息を吐くと、「せやし」と大介が散らかしたままのゴミを片付けながら一平が真顔で切り出した

「用務員さんトコ行って、すんません言うて切ってもらうしかないンちゃうか? このままにしとくワケにはいかんしやなぁ」 ずっと繋がれっぱなしは非常にまずい

立花も「そうだな」と真顔で頷いた

「何か、道具を探してもらうか……」「その手品師はどうするんですか? 探さないんですか?」 勝則が不安げに問い掛けると、ジュースを飲んで窺っていた華音が「はいっ」と笑顔で手を上げた

「見つけたらハトとか出して欲しぃっ」「トランプマジックが見てみたい」 加奈も続いて真顔で希望を告げる

まるで他人事のような彼女らに、伏見は不快なため息を吐いた

「あんたたち、なんかすっげぇ暢気って感じだけどさ