ジャックズ・トレジャー

ジャックズ・トレジャー

それなら、うまい書き手の手法は真似るべきではないでしょうか

 主人公が冒頭から出来事(イベント)の渦中の放り込まれるといっそう盛り上がります

と言ってもただ出来事(イベント)の渦中の放り込まれればいいかというとそうでもありません

 出来事(イベント)の渦中の放り込まれる主人公は、切羽詰まった感覚を読み手に与えてくれます

 また主人公がただ動いているだけでも、読み手は主人公を追ってくれるものなのです

あなたも好きかも:パチンコ スマイル 八幡平市
 とりあえず何かを見ていてもいいし、ただ町を歩いているだけでもいい

動いている主人公の目に何がどう映っているのか

それを書くだけでも読み手はじゅうぶん主人公に感情移入してくれるものなのです

「書き出し」では主人公を登場させて動かしてください

登場させるだけで動かなかったら主人公の存在をただ定義しているだけにすぎないのです

あなたも好きかも:初代十字架 スロット
 それでは舞台や設定の説明と大差ありません

あなたも好きかも:絶対衝激 スロット アプリ
ただ指を動かしたり目線を移動させたりするだけでもかまわないのです

 とにかく主人公を動かすこと

そこから読み手は主人公に感情移入していきます

最後に 今回は「書き出しで読み手の心をつかむ」の第一編を述べてみました

「書き出し」でいかにして読み手を捕まえるか

それがわかれば最良の「書き出し」がどのようなものかを瞬時に理解できます

 次回は第二編です