吉宗3 スロット 朝一

吉宗3 スロット 朝一

 そのうち愛想を尽かされてしまうのじゃないか、受け入れるべきことを拒んで婚約なんて許されるのかって

 …………まぁ、若様の周りは若い人……しかも男性が多いですし、未婚者ばかりですもんね……貴族のご婦人との交流は無かったようですし……その辺のことに触れられる人、いませんね……」 お、おっしゃる通りです……

あなたも好きかも:オンラインカジノ スロット おすすめ
 ていうか、下手に話させると危険な人物の方が多い……マルとかハインとか、ジェイドにしたって多分、遠慮なしに言葉も選ばず結構なことを言いそうだ

 そういえば……

サヤを娶りたいという話を、前にしたのだった

 その時は……サヤが妻になる気は無いときっぱり拒否してきたし、契りを交わして耳飾を得ることは説明したけれど、俺にそのつもりは無いということを、はっきりとは言っていなかったかな

 その後も、なんとなくもうその前提は伝えてあるつもりで……サヤがちゃんと理解しているかどうかも、確認してなかった……

 そう、か……そういうことすら俺は、ちゃんとしてなかったんだ……

 呆然とする俺に、女中頭は溜息を吐いて、すっと居住まいを正す

あなたも好きかも:エヴァ パチンコ チャンスタイム
 ご命令があればどうぞといったその姿勢に、彼女が俺の意を汲んでくれる気でいるのだと理解した

あなたも好きかも:ポチポチくん スロット
 確かに俺の周りは、若手の男ばかりだ

既婚者もいないし……サヤへのそういった配慮ができていない

今からだって、きっと色々、抜け落ちてしまうと思う

 どうしたって、俺たちに足りない部分……それは、彼女らセイバーンに仕える者らを、頼るべきなのだろう……

頼って良いのだと、彼女は、態度で示してくれているのだ……

「…………あの、申し訳ないのだけど……

 俺はサヤの成人まで、婚姻を進めるつもりは無くて、契りを交わすつもりも無くて、そのために色々、準備もした