三連休 パチンコ 回収

三連休 パチンコ 回収

 大介は更に目を据わらせて口をへの字に曲げた

あなたも好きかも:トワーズ パチンコ 吉川
「ほな……、なんで行っとった塾とか辞めてん

……行ってンけどおらんかったし」 突っ込んだ彼の問い掛けに、優樹たちは「……え?」と、一瞬にして表情を消した

 彼女が塾に通っているのは知っていたが、辞めたのは知らなかった

あなたも好きかも:シャア専用 スロット マックス
大介まで知らなかった、というのはおかしい

 相川は解放した勝則をチラッと窺った

――彼も何も聞かされていなかったようで唖然としている

 拗ねた目でじっと答えを待つ大介に、鈴菜は少し視線を逸らして固まっていたが、間を置いてふっと肩の力を抜くと、笑みを浮かべて顔を上げた

「じゃあ……教えますね」 笑顔で切り出され、大介も、みんなも真顔で聞き耳を立てる

そんな彼らに、鈴菜は寂しげな笑みで視線を落とした

「先輩たちにはいつ言おうかなって思ってたんですけど……言い出す機会がなくて

あなたも好きかも:獣王 スロット ボーナス終了画面
でも、“白川先輩のようなこと”はしたくはなかったんですよ

それは、本当です」 名指しされた白川は一瞬キョトッとしたが、周りのみんな同様、段々と表情をなくしていく

 鈴菜は戸惑い唖然とする彼らを見回して微笑んだ

「私……、この九月いっぱいで、日本を離れることになりました」

「あと一ヶ月で学祭やねんなぁ

また準備手伝えぇて依頼来とるやん……」「こいつら、オレらがいなくなったらどうするんだろうな」「その時はちゃんと自分たちでするモンなのよ」「じゃあ最初っからやってほしいよねぇ、自分たちでぇ」「仕方がないわね、そういう部活だから」 ――九月もそろそろ終わろうとしている

 この夏も続いた猛暑はスッと姿を消してしまい、気付けばもう秋だ

季節は静かに移り変わっていく