スロット まどマギ2 穢れ 大

スロット まどマギ2 穢れ 大

あなたも好きかも:エイゴン パチンコ
かくして、それぞれのお皿にスパイシーチキンが行き渡り、まずは乾杯となる

アルテアとウィリアムは、冷たく冷やした蒸留酒を氷を入れたグラスで飲んでいて、エーダリアとヒルドはきりっと冷えた白葡萄酒だ

ディノとノア、ネアは冷たい紅茶を飲むことにし、ミントの入った爽やかな紅茶の香りを楽しんだ

「まずは、そのままいただきます!」ネアはかぶりついたスパイシーチキンの美味しさに頬を緩ませて爪先をぱたぱたさせる

しっかりと味が染みており、かりっ、はふはふじゅわりと堪らない美味しさだ

あなたも好きかも:パチスロ 鳳凰
「五臓六腑に染みわたる美味しさです

アルテアさんはもはや、スパイシーチキンの教祖様ですね」「おい、妙な肩書きをつけるな

それと、いい加減何か羽織れ」「むぅ

なぜか腰にはタオルを巻き付けられていますので、せめての夏らしさの抵抗なのです

むぎゃ?!」抗議をする為に手元が疎かになってしまい、ネアはスパイシーチキンから零れた油の滴が、胸元に落ちてしまった

拭かなければべとべとするが、チキンを離したくないと眉を下げたネアに、手を伸ばしたウィリアムがナプキンで拭ってくれた

「ウィリアムさん、有難うございまふ」「ネアは、まずそのチキンを食べてしまわないとだからな」もぐもぐしながらお礼を言ったネアに、優しいウィリアムはそう微笑んでくれたが、ノアとアルテアは半眼になっている