スロット 撤去延期

スロット 撤去延期

文は文で近くの教会まで向かうようだった

ここからだと少々距離があるだろうが、彼女ならそう時間はかからないだろう

康太とは違う手段で空を自由に飛ぶことができるのだから

康太がそんなことを考えていると、康太のポケットに入れてある携帯が震えだす

いったい何事かとウィルに手伝ってもらい携帯を見ると、奏からの着信が入っていた

「もしもし、ビーです」『あぁすまん、移動中か、かけなおすか?』「いえ、問題ありません

あなたも好きかも:デビルマン スロット やめどき
そちらは今日も徹夜ですか?」『そういってくれるな、これが終われば寝られるさ・・・声から察するにそちらは終わったのか?』「これから終わらせるところです

あとは指定の場所まで送り届ければ無事解決ってところですかね」康太の言葉を聞いて奏はそうかと小さく安堵の息をついていた

どうやら康太たちのことを気にかけていたらしい

あなたも好きかも:バカラ 袋
徹夜なこと自体は変わらないのだろうが、こうして身を案じてくれるというのはうれしくもあり、少々気恥しくもあった

『時に康太、今回の相手は何人だった?』「二人でした

人一人さらうにしては少々人数が少ないと思います

他の魔術師の可能性も考えて送り届けたらすぐに尋問を開始します」『・・・そうか・・・二人・・・ん・・・確かに少ないな

あと二人くらいはいると思ったが・・・考えすぎていたか』「襲撃されると厄介なので一応警戒はしています・・・あと少しで指定のポイントなので問題はないと思いますが・・・」指定の場所で巡回中の長谷部が須藤香織を回収する手はずになっている

あとは長谷部が巡回してくるまで彼女を守ればいいだけである

もう少し必死に逃げた痕跡でも残せばよかったかなと、妙に小奇麗な須藤香織の服や靴などを見て少しだけ失敗したなと思いながらも、自分たちがやるべきことは半分は終わったということを理解して康太は小さくため息をつく

『尋問に関してはお前に任せよう

私の会社に不利益を与えようとしたバカをあぶりだしてくれ』「了解しました

しっかりとけじめはつけさせましょう