オンラインゲーム ファミリーネーム

オンラインゲーム ファミリーネーム

 お互いの紹介が終わったので、俺は閣下に話しかける

「で、遊びに来たのか、閣下」「うむ

あなたも好きかも:ヒノマル 錦糸町 スロット データ
暇になったから遊びに来たのじゃ」 本人は格式あるクイーンズ・イングリッシュだと言い張る老人言葉で、閣下が言う

 俺は、そんな閣下に、今現在『超神演義』で対戦をしていたところだと伝える

「おお、ヨシムネの配信は見たのじゃ

手に汗握る戦いだったのう」「おや、見てくれたのか」「うむうむ

プレイを見ながら、うらやましく思っていたのじゃ」「うらやましい?」 閣下の言葉に、どこかうらやむ要素が配信にあっただろうかと俺は頭をひねった

「『殷周革命』を元にしたゲームがあるとか、うらやましい限りなのじゃ

私のブリタニア国区のゲームメーカーも、円卓の騎士を自由に使えるゲームなどを出してくれないものか」 円卓の騎士というと、アーサー王伝説か

まあ、ブリタニア国区の伝説であるから、地元民として馴染みが深いのだろう

 俺は本気でうらやましがっている閣下に、ふとした疑問をぶつける

あなたも好きかも:リオ オール スイート ホテル & カジノ
「そういえば太公望は過去視で実在が確認されているらしいが、アーサー王は実在が確認されているのか?」「アーサー王がか? おらんおらん

アーサー王は創作上の存在じゃ

かつてブリタニア国区の各地で複数存在していた騎士道物語が互いに影響を与えあい、やがてアーサー王という共通の主人公が作られたというのが、現在の学者達の見解での

そして、バラバラに存在していたアーサー王の物語は一つにまとまり、さらにヨーロッパ国区の旧フランスの二次創作が混ざり、今のアーサー王伝説になったのじゃよ」「マジでか

アルトリア・ペンドラゴンさんは非実在青少年だったのか……」「誰じゃそれは?」「21世紀の日本で作られた、アーサー王の大人気女体化キャラクターだ」「本当に日本人という奴は……そもそも、ペンドラゴンとはアーサー王の父ユーサーの持つ称号であって、アーサー王の家名ではないのじゃぞ」「え、じゃあ閣下の『MARS』機体って、アーサー王じゃなくてアーサー王の父をモチーフにした機体だったのか!?」「ウェルシュ・ペンドラゴンか? そうじゃぞ?」 そんな俺と閣下のやりとりを笑いながら見ていたチャンプは、俺達の話が一段落したところである提案をしてきた

「閣下は優れたテレパスだと聞きます

どうでしょう、ヨシムネさんと『超神演義』で対戦してみては?」「おっ、チャンプ、いいこと言うじゃん」「ほう、私に一対一の勝負を挑むとはな