北仙台 ぱちんこ

北仙台 ぱちんこ

だが、そんなことなど耳には入らないのか、洋一はニッコリと笑った

あなたも好きかも:戦国恋姫 パチンコ スペック
「なーんだ

いつか紹介しようと思ってたけど、もう友達なら必要ないな」「違うってばっ」 優樹は洋一を睨み上げ、いつまでも襟首を掴んでいる彼の手を叩き離すと、床にちゃんと足を付けて服を伸ばし整えた

あなたも好きかも:microsd スロット クリーナー
「もうっ……、ホントになんなのっ

……放っておいてっ」「いーじゃん

友達だろ」「勝手につきまとってるだけでしょっ」 ふて腐れる洋一に、優樹は怒りと笑顔をプラスした顔で睨んだ

「迷惑だから、もうやめてっ」「友達だからだろー」 口をとがらし、尚もしつこく言う洋一に、優樹は「……もうっ」と、呆れるような息を吐いた

「私は友達なんていらないのっ

……声掛けてこないでっ」 フンッとそっぽ向いて歩いて行く背中に「おいっ」と慌てて手を伸ばした洋一は「……チェ」と空振りした手を下ろして鼻から息を吐き、反町はじっと、遠くなる背中を見つめた――

「と、いうわけで来てやったぞ」「……ワケわかんないし

あなたも好きかも:ufo パチンコ バイト
邪魔しないで」 学園祭当日――

 所々で陽気な音楽が鳴り、高等部校舎内は大いに盛り上がっている