パチンコ マックス機 設置店

パチンコ マックス機 設置店

いわゆるマウストゥマウスのようだが、その姿に立花が顔をしかめていると、反町は一旦顔を離し、呼吸を深くしながら答えた

「内臓温度が下がって低体温症は起きる

あなたも好きかも:カジノ 場所 決定
外部から熱を与えるより、暖かい息を内部に与えて、中から暖めた方が早いんだ」 そう言って、また、人工呼吸の要領で女子に数回息を送ると、立花に目を向けた

「武田さんはそのままに

あなたも好きかも:うしおととら スロット 天井 期待 値
こっちの子は手足を温めるようにして

んで、出来るなら人工呼吸」「……それは無理だ」 立花は真顔で断ると、靴を脱ぎ、その下に履いていた靴下をも脱いで女子の足に履かせていく

 あとは立花に任せ、反町は立ち上がって室内を見回し、すぐに橋田と加奈に駆け寄った

「加奈!!」 声を掛けると、不安げに見守る橋田の腕の中、加奈は「……はは」と、弱い笑顔を向けた

あなたも好きかも:富山 パチンコ
「ちょっと……無理、しちゃったかも……」「馬鹿! 何やってんだ!!」 怒鳴りつけながらも反町は焦り、加奈の首元で脈を確認しながら腕時計を確認した

「……だいぶ……落ち着いてきたよ

……さっきまで……不整脈、出てたけど……」「……、ああ

……でも念のため、一度病院に戻った方がいい」 確かに脈拍は安定してきているようだ

 反町はホッと安心して深く息を吐きつつも、心配げに加奈を覗き込んだ

「もう、絶対無茶はするな

……いいな?」「……はーい」 加奈はいつものように少し笑って間の抜けた返事をすると、そのまま、目を閉じて橋田にもたれ掛かった

 このまま静かに休ませた方がいいだろう

 反町は少し息を吐いて橋田に目を向け、笑みを溢した

「……ありがとう、……守ってくれて」 橋田はキョトンとしていたが、恥ずかしそうな笑みで首を振り、しっかりと加奈を抱き直して支えた

 救急車が来るまで、橋田に任せていれば大丈夫だろう