パチンコ湖月 cm 動物

パチンコ湖月 cm 動物

マイカの支持通り俺と美射と森下の私物は全て部室の棚に入れて、身軽にしてから画びょうの入った袋を四袋ほど両手に持ったマイカと共に、鍵を閉めて部室から出て、足早に校門を潜る

校門から長く続く坂を、四人で降りていく

まだ街灯が明るいが全員ライトは携帯している

「その画びょうどうすんだよ……」とマイカに尋ねても、ニヤニヤするばかりである

美射は歩きながらマイカに「ねぇ、マイカちゃん、私は約十七億年 但馬は五年程度、向こうの世界で過ごしたんだけど こっちの世界に戻ってきたときに 飛ばされて、すぐだったわよね……?」「……ああ、あっちとこっちは同一時間軸上にある 同一世界なのは間違いないぞ? パラレルワールドに飛ばされたわけではない

 いや、最後に二人が居たアグラニウスは 相当に時空が歪んでいたがな……くくく

 "パラレルワールドに近い"と言っても過言ではないな」あれ、今のアグラニウスはパラレルワールドだって言ってたよなこいつ……

あなたも好きかも:まりも スロット 出身
と俺は一瞬引っかかるが、脳が考えるのを拒否する

あなたも好きかも:スロット ドリームジャンボ
難しいことを話し過ぎである

あなたも好きかも:2ちゃんねる パチンコ コロナ
俺の知能まで降りてきて欲しい

邪悪な笑いを浮かべながら坂を下りるマイカに美射はまったく臆せずに「つまり、時空が歪む前の私たちが元々居たアグラニウスと この地球は、同じ世界ってことよね?」「そうだ

ただ同一世界内ではあるが 当然、この地点での時刻と タカユキ様たち二人がローレシアン内で最後に居た時刻は 同一ではない

 分かるか?それがアグラニウスの恐ろしさなのだ」「ふーむ……確かに時空を行きかう高次元人たちが 躍起になるのも……」歩きながら美射は腕を組んで黙り込んでしまった

「いや、わけわからんぞ

 分かりやすく説明してくれ……」既についていけない

脳が理解するのを拒否している

「失われた情報の"復元再生が可能"ということだ

 ああ、言いすぎたな