びんびん スロット

びんびん スロット

 彼女の本職は砲手ではなく、あくまでもマークスマンライフルを使用した選抜射手(マークスマン)である

場合によっては迫撃砲や無反動砲で味方の支援を担当するとはいえ、彼女が一番使い慣れている得物はセミオートマチック式のライフルなのだ

 でも、本職でないとはいえ彼女の砲撃は当たり前のように敵に命中する

今まであらゆる魔物や敵の戦車を葬ってきたし、最強の転生者と言われている親父にも、信管を抜いていたとはいえ粘着榴弾を直撃させるという戦果をあげたこともある

 やっぱり砲手に一番向いているのは、こいつかもしれない

 進撃しながらの砲撃で砲弾を外し続けている戦車に苦笑いしながら近寄っていき、バイクの速度を合わせながら装甲の表面をコンコンと叩く

雪が降り注ぐ戦場を走り回っていた戦車の装甲はひんやりとしていて、表面は溶けた雪が残した水滴が覆っている

それに舞い上がった塵が付着したせいなのか、走行を軽く叩いた左手の手袋には泥が付着してしまう

あなたも好きかも:ソンミ カジノ 父親
 顔をしかめながら左手をハンドルに戻すと、今の音を聞いていたのか、キューポラの中から金髪の少女が顔を出してくれた

あなたも好きかも:大阪市 パチンコ バイト
至る所で戦車や装甲車の残骸が焼ける臭いが充満する戦場の風を吸ったのか、一瞬だけナタリアは顔をしかめる

 けれども俺たちの姿を見た瞬間、彼女は目を見開いた

「た、タクヤ!? 2人とも無事だったのね!?」「おう、敵の指揮官を消してきた! ほら、砲手は返してやるよ!」 俺がそう言いながらちらりと後ろを振り向いてみると、後ろに乗っていたカノンは残念そうな顔をしながら制服の後ろをぎゅっと掴んでいた

あなたも好きかも:コロナ スロット 低設定
どうやら彼女はもう少し俺と一緒にバイクに乗っていたいらしいが、そうしたら砲撃がそれほど得意ではないイリナに砲手を押し付ける羽目になる