パチンコ カード 仕方

パチンコ カード 仕方

 ……な、流君のお母さんだったなんてーっ

……あ、あの時、思い切り膝枕してもらってた

は、恥ずかしい

……って事は、……ああ、うちのお母さんとも会ってるんだね……

あなたも好きかも:パチンコ ラッキープラザ 可児
 がっくりと項垂れて心の中で泣く

 反町は首を傾げながら「んじゃあ……」と温室に目を向けた

「さきにそっち、やる?」「そうね」 二人の会話に優樹は顔を上げると、困惑げに瞳を見上げた

「あ、あの……ホントに動いてて大丈夫なんですか? ゆっくりしていた方がいいんじゃないですか?」「大丈夫

三人目だと慣れたものよー」 笑顔でポンポンとお腹を軽く叩く瞳に「……は、はぁ」と、曖昧な返事をする

……慣れるものなんだ、と思いながら

「流、苗を持って来て」 平然と催促され、反町は顔をしかめた

「用意はしておくって言ってたろ」「お母さん、大事な体なのよ? そんなお母さんに行ったり来たりさせるの? そんなことしていいと思ってるの?」 不満げに目を細められ、反町は口籠もる

 瞳はやはりなんでもない顔で、温室の側にある白いカフェテーブルの椅子にある枯れ草を拾い捨てながら続けた

「裏手にあるから

落とさないように持って来てね」 不愉快そうに口を尖らせる息子に、「ほら行け」と言わんばかりに顎をしゃくる

 反町は不快さを露わにした状態で優樹を振り返った