パチンコ 太平通り

パチンコ 太平通り

 二人は息を殺し、気配を潜めてその様子を窺《うかが》った

徐々に光は広がり、その光が複数に分裂して更に数を増やす

複数の光は和楽器からなる軽快な音楽を鳴らしながら移動し、明らかに人ではない者達が楽しそうに躍りながらやって来た

「あれは……」「ああ

あなたも好きかも:パチスロ 台座
確実に俺たちの標的……百鬼夜行だろうな……ハハ、まさかこんな早くに出会っちまうとはな……」 "これも魔王の力からなる作用なのか"

ライはそっとその言葉を飲み込んだ

 何はともあれ、百鬼夜行がやって来たのは事実

今はまだ様子を窺っているだけだが、目的の者達なので行動に移らなくてはならないだろう

あなたも好きかも:スロット 都内 営業
「さて、これからどうする? 主力クラスの姿は見えないけど……仕掛けるか後を付けて行くか……」「フム……今の状況から考えれば後者の方が良さそうですね

仮に今此処であの者達を討伐

もしくは捕らえて尋問をしたところで何も起こらなさそうです

あなたも好きかも:パチンコ キングオブキングス イベント
まあ、話し合いをするという選択肢もありますが……寧《むし》ろ出来るならそれが良いですけど……果たして話を聞いてくれる輩か……」 ライとアマテラスは百鬼夜行が完全に通り過ぎるよりも前に策を練る

 今戦うか後を付ける事で主力の元に行くか

アマテラスは出来る事なら話し合いをしたいらしいが、話が通じない者達だった場合はそのまま戦闘に移行する事になり元も子も無くなってしまう

なのでライとアマテラスは尾行という方向で話を進めていた